2006年02月23日

ホリエモンメール問題

マスコミも世の中の人もほとんどがメールが偽者だと思っている。し、それは真実らしい。
だが、民主党だけが、メールが本物であり、国勢調査権の発動を要求する構えである。何故、そのような無理な行動を前原氏をはじめとする彼らがするのか。

私は、その弊害が、ディベートを重要視する世の中の趨勢だと思えてならない。
ディベートとは、真偽が定かでないものに対して、自分の意見は他においておいて、議論を戦わせるものである。それがいいことだという風潮がある。だから、正々堂々と前原氏は逆風にめげず議論しているのだと思う。

*

本来、ディベートは、一神教的二元論の国で、発達した文化である。かの国々も、もともとは多神教だったから、多神教的な自己を二元に当てはめるには無理があり、自分の意見と自分の同一感は極めて希薄。だから、ディベートは成立する。
だが、日本は多神教的な精神風土だから、自分の意見と自分の同一感は高い。だから、自分の心をどこかにやってしまって議論を戦わせることは辛い。それができるのは、前原氏のようなエリートたちだけなのかもしれない。

まちがったら、謝罪する。それが尊ばれるのが日本社会である。それは今も変わらないと思っている。

posted by sponta at 08:11| Comment(0) | TrackBack(793) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

こどもの安全を守るにはどうすればいいのか。

滋賀県で、幼稚園児の送り迎えの母親が娘の友達を殺した。今回の事件は、文京区で起きたような私怨ではなく、ノイローゼが引き起こした事件かもしれない。とはいえ、真相は分からないが…。

つまり、被害者に犯罪の原因はない。幼稚園や自治体に罪や責任はないが、かといって自分たちは無関係だといえる立場でもないだろう。ならば、どうすればいいのか。
私の結論は、どうにもできないから、日々を納得できる人生にすればいいと思っている。

長崎のクラスメートに刺殺された女の子のお父さんは、娘の登校を洗濯機に洗い物を入れながら、娘の存在を感じて送り出した。そういう日々の生活に感謝しない人生がもっともいけないと思う。
戦国時代ではないけれど、常在戦場であり、日々是決戦。そのように生きていれば、世の中の見え方も変わってくるのではないか。

そして、そういう生き方が結果として、犯罪の抑止力になる。



さて、このところ教材のナレーション録音をしている。20代前半の声優さん相手に、NGを出したり、指示を出している。なかなか上手な声優さんなのだが、何日も連続して録音をしていると、こちらにも欲が出てくる。こうしたらもっとよくなる。そういうことを言いたくなる。この間は、帰り際の彼にジェームス・ディーンの演技の話をしてしまった…。
だが、それが彼にとってうれしいことなのかどうかはわからない。有名な監督ならともかく、教材の無名の監督だ。そんな奴の言うことを信じたら、自分を汚されてしまう。彼がそう思ってもしかたのないことだ。
ましてや、打たれ弱い最近の若者。やさしさをたたえた表面の裏で、表現できない何かを抱えさせてしまって、彼を苦しめることになるやもしれぬ。
私は、適切なアドバイスをしていると感じているが、彼にとっては、近所に車をとめていたら突然近所のオッサンが現れて、こっぴどくどなられた。そんな感じでもおかしくない。
私のほうは論理的に伝えているつもりでも、彼の理解力が追いつかず、理解できていないなら、そう思っていても、おかしくない。当然のことだ。

だが、私はそういう危険があるにしても、アドバイスすることを恐れない。そして、もし、それが原因で刺されるようなことがあっても、仕方のないことと納得する自信はある。
だが、そう開き直ってもいられないので、次のようなことをする。

・自虐ネタ
・のりつっこみ
・自分もつらいのよ

吹けば飛ぶような私だが、年齢や立場がパワーハラスメントの一因となる場合も多々ある。気をつけなければいけない。

テレビコマーシャルでは、石原良純がカメラに向かって怒っている。そして、のりつっこみをする。
舞台で、つかこうへいの薫陶を受けたはずの彼だが、上手くない。くわえタバコ伝兵衛はやはり、亡き三浦洋一だ。

posted by sponta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(381) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

わがバンドの活動報告

昨年からつづけいてる小学生バンド活動の実績をまとめてみた。

こうして書きとめてみると、我ながら、かなりのもんだ。
協力してくれているatsu氏に感謝である。

**********

2003年 7月 団地祭り・盆踊りやぐら特設ステージ
 初恋(村下孝蔵)…ダウン症青年
 ロンドン橋、かたつむり、ちょうちょ…小学生がツーコードでオルガン演奏
 いつも何度でも…バンマス父娘の競演
 熱き鼓動の果て(GLAY)…MIDIを光るギターで演奏しながら、ダウン症青年が
歌う
メンバー:ダウン症青年、小4女子3名、小4男子1名、大人2名(べース、フルート)

2004年 7月17日土曜日 団地祭り・盆踊りやぐら特設ステージ
 恋愛レボリューション21…小学5年生の女の子のコンビ・チヒローズをフィー
チャー。 
 初恋…ダウン症青年
 見上げてごらん夜の星を…全員
メンバー:ダウン症青年、小5女子2名、小4女子2名、小4男子1名、大人2名(ベー
ス、キーボード)

2004年 11月3日文化の日 管内祭り・小学校体育館
 恋愛レボリューション21・とんぼ・ららら
メンバー:小4女子1名、小3女子2名、大人3名(ベース、キーボード、ギター)

2004年11月28日日曜日 児童館祭り・グランド公園の特設ステージ
 さんぽ、BELIEVE、アンビシャス・ジャパン
メンバー:小4女子1名、小3女子3名、幼稚園児2名、大人3名(ベース、キーボー
ド、ギター)
 現場参加幼稚園児2名



posted by sponta at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。