2005年03月04日

わたしの好きなもの。

【興味のあるもの】
父親、子育て、教育、禅、ラーメン、小学校、児童館、地域活動、ストリーミング、演劇、映画、英語、ロベール・ブレッソン、パリ、ジャズ、吉行淳之介、ねむの木学園、メディア、斎藤孝、甲野義紀、バンド活動、柔道、アドビ・アフターエフェクト、創作、温泉、マッサージ、表現、今村昌平、ピーター・グリーナウェイ、グレン・グールド、フランワ・トリュフォー、レンブラント・ファン・レイン、マックスフィールド・パリッシュ、奈良原一高、

【わたしのディテイル】
性別 : maleで、straghtなやつ…。
血液型 : 誰もが認めるABな性格
星座 : おひつじ座
職業 : 映像ディレクター
趣味 : 芸術・音楽
ゆめ : すべての職業人が胸を張って生きている世の中に。
住所 : とうきょうとせたがやく
好きな麺類 : そば、ラーメン、うどん、かた焼きそば、ソーメン
大切にしたいこと。: 知らない人と友達になる勇気を持つ。


posted by sponta at 10:29| Comment(2) | TrackBack(3) | マイプロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

マイ・プロフィール

●ライブドアのパブリックジャーナリズムに登録。市民参加型ジャーナリズムの到来に一役買うことを夢想しつつも…。

● ブログ:「21世紀は個の時代」をスローガンに、ある組織の改革にとりくむ。そして、その思いをブログを通じて世に放つ…。

● ウルトラマンに勇気をもらう: テレビ東京のテレビ番組「うるころ」の企画・脚本・演出(2003年秋)。
ウルトラマンボーイの性格設定に参画する。
ウルトラヒーローたちが怪獣と戦う姿から、人間にとって戦う勇気が大切であると痛感する。
実人生では、3分間で戦いが終了しない。辛いんだな、これが。

●2001年、両親から絶縁宣言をされる。人生とはままならないものです。(^^;)

● インターネット: インプレスTVでストリーミング番組を制作する。
個人が発信することが重要と考え始める。

● 吹奏楽ビデオの撮影でふたたびロンドン・パリへ…。休日に美術館に通う。芸術っていいなぁ。日本って…。

● 三人称の人生: 娘が生まれる。1994.08.27
私の人生を見まもる観客がこの世に誕生した。

● 個人事業主 :フリーの映像ディレクターになる。
ビデオの仕事でパリ・ロンドンなどのおいしい仕事も…。
撮影休日にはパリの姉の家にもおじゃまして…。

● 二人称の人生: 結婚する。1991.05.18
ひさしぶりに東京都民となる。

● ビジネス :電通の下請けプロダクションでプロモーションビデオとイベントを行なう。
大きな仕事ならではの難しさを痛感する。

● シナリオ :人気アニメシナリオライターのもとでシナリオ修行。
シナリオとは何か。
主人公はいきいきと前向きに。キャラクターはかぶらない。ドラマを逃げないこと。設定に頼らないことを学んだ。

● マスコミ :日活の映画監督のプロダクションでテレビ・ラジオ・舞台・ミュージカルに関わる。
2時間ドラマ、モグタンで知られるロングセラー番組「まんがはじめて物語」、宮城まりこさんのラジオ番組...。
小さなプロダクションだけあって、製作のすべてを経験した。

● 新しい人生 :敗戦処理のようなかたちで、今村昌平の映画学校に通う。
「人間が好きだ」と公言するクラスメートたちに驚嘆する。
今村昌平氏は劇的たるものは何かを知っている。
存在感のある役者とは何か。ドラマを支える充実たる個とは何か。それはドラマの世界だけではなく、実人生においても重要なことなのだが…。

● 浪人生活 :無計画な高校生活の反動から無為なときを過ごす。人生の行き先の見えぬ中、ご迷惑をおかけした女性もいたっけ…。

● 高校生活 :ウォーターボーイズの舞台・川越高校で吹奏楽部。
クラリネット、アルトサックス、何をやっても上手くなかった。

● ワシントンではない私:
少年野球の練習で、津田先輩の腕時計を穴の開いたトレパンのポケットに入れて傷つけてしまった。あとで、傷がついていることが先輩達の問題になったときに、「わたしがやりました」と、言えなかった。些細なできごとかもしれないが、私の人生を左右する痛恨事でした。人生ってそういうことの積み重ねで動いていると思うのです。

● 義務教育: 国立第4小学校に入る。
団地の子はみんな引っ越していき、とうとう我家も埼玉県朝霞市に引っ越す。
新クラスに入る早々の学級委員。びっくりした私は泣きました。

● 誕生: 東京都国立市に生まれる。
父、母、姉との4人家族。
北陸出身者を両親に持つ私は、公団住宅に住む典型的な核家族の第1世代。
ご先祖をたどれば北前貿易にたどりつく。



posted by sponta at 06:57| Comment(0) | TrackBack(252) | マイプロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。