2006年03月31日

イチローのコミュニケーション論:日本人っていいなぁ。

「代表チームでは、3言っただけで、10わかってくれる。アメリカでは、15言ってもぜんぜんわかってくれない」WBC優勝後のイチローの言葉である。

この言葉に我々は、気づかなければならない。
バーバルなコミュニケーションなど、所詮、そんなレベルのものなのだ。…と。
海外に渡って数年経つから、イチローの英語力に問題がある訳ではない。そして、イチローがコミュニケーションする内容は、きっと野球に関すること。だから、相手をしたであろうメジャー・リーガーたちも、無関心・無理解な分野ではないはず。それでも尚、15言って、5わからないのだろう。

わたしはその理由は、バーバルなボキャブラリーではなく、集合知としてのボキャブラリーだろう。
たとえば、イチローの特異的なスイングにしたって、王貞治の一本足打法を知っていれば、理解しやすい。
柔道では「柔よく、剛を制す」ということわざもある。牛若丸と弁慶の五条大橋の戦いのことも思い出せる。
外野が油断したら、進塁を試みる。これは、日本シリーズで、巨人軍をあっと言わせた辻発彦氏の快走の記憶が蘇る。キーマンを消せば試合に勝てる。これは、松井をすべて四球にした尽誠学園や、日本シリーズの戦い方をみれば枚挙に暇がない。そういう集合知の蓄積が、理解につながっていくのだと思う。
そして、そういう集合知こそが、ベースボールではない。日本が生み出した「野球」なのだ。

教えてgooを見ていたら、WBC日本一を伝えてあげたい故人は誰ですか? というアンケートがあった。
私も、そういう感慨が強い。アンケートにあった答えは、
・沢村栄治
・パンチョ伊藤
・仰木彬
・三輪田スカウト
・三原脩
・日本観光をして帰ったセントルイスカージナルスの選手たち
・ベーブ・ルース
・ルー・ゲーリック
......etc.

私も同感である。アメリカ野球とパシフィックリーグを愛したパンチョ伊藤氏に何よりも伝えたい。

こういう民族の記憶、世代の記憶ともいうものが、次の時代を動かしていく。
私はそう思ってやまない。

posted by sponta at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。