2006年03月28日

I love you OKのインターナショナリズム

タイトルの英語?は、勿論、矢沢永吉氏の歌のタイトルである。孤児同然で育った彼が、学校で英語を勉強することなどできなかったろうから…。と、苦笑していたが、最近そうではないことに気がついた。
最近、彼のコンサートのドキュメンタリーをNHKでやっていた。すると、彼のバンドには外人のメンバーがいた。そして気づいた。リハーサルルームに入ったときに、矢沢氏がグッドモーニングと言ったのは、かっこつけたロッカーのセリフではなく、Non-Japaneseに対する配慮だったのだ。
そう考えてくると、J-popの見方も変わってくる。古くは、尾崎亜美ぐらいかもしれぬが、英語が混じった歌詞も、インターナショナルな楽曲として成立するために、混じらせたのかもしれない。単に英語がカッコいいという理由からだけではない。そう思えてくる。勿論、最初は英語がかっこよかったからかもしれぬ。そして、日本語ではストレートすぎて、素直に英語でないと自分の感情を表現できない。そういう気分もあったのかもしれない。(たとえば、紀子さまの英語を聞いていると、日本語では表現していない彼女の思いが伝わってくるようでおもしろい…)

では、我々が目指すべきインターナショナリズムとは何か。
それは簡単なことである。話の輪の中にNon-Japaneseが一人でもいたら、みんなで英語で会話することである。
娘の親友にドイツ人のハーフがいる。お父さんはドイツ人。お母さんは神奈川の人だ。その家族と一緒にご飯を食べるとき、普段はドイツ語で語り合っている夫婦が英語で会話をしてくれる。勿論、私への配慮だ。とはいえ、小学生の娘はドイツ語と日本語しか解らないから、ドイツ語も混じる。娘と女の子の間は日本語。私も極力英語で話そうとする。そして、1年ほどならったドイツ語を披露すると、ハーフの子から、私のドイツ語は分からないと文句がでる。それでも、怯みながらもコミュニケーションをつづける。そういう父親の姿を見続けていれば、娘のコミュニケーション観というものもオープンマインドになっていくに違いない。

ESLという言い方がある。English as second languageの略である。
アメリカなどの留学先でも、ESLとしてカリキュラムをつくって、非英語圏の人たちに英語を教えている。
私たち日本人が得るべきは、ESLであって、間違っても、English as mother languageではない。

仕事で出会った人が、子弟をインターナショナルスクールに通わせていて、英語も日本語も中途半端になったと嘆いていたが、彼が子弟をインターナショナルスクールに通わせてしまった原因は、そういう配慮のなさだったかもしれない。



永ちゃんの英語でいい。長嶋茂雄の英語でいい。私は、そう確信している。
自分からコミュニケーションを閉じてはならぬ。ただ、それだけのことだ。勿論、コミュニケーションして、不毛や危険を感じたら脱兎のごとく逃げる。それも処世の重要な部分ではあるが…。

蛇足:
私は赤い鳥の「翼をください」が嫌いだ。自分が欲しいものをねだってどうする…。と、思うからだ。同じように、高村光太郎の「道程」が嫌いだ。
自分を守って欲しいなどと、懇願してどうする。
そして、「♪〜友達になるために 人はめぐり合うんだ〜」

ばかもん。である。
友達になるために努力をする。人はめぐり合うのではなく、たどりつくのだ。
なんで学校で教える歌は、こうも甘ちゃんのものばかりなのだろうか。

posted by sponta at 08:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

なんだばかやろう。This is a pen.

さて、昨日紹介した荒井注のギャグだが、それでは今の中学生が、公園で遊んでいる外国人にThis is a pen.ではなく、Helloと言っているのだろうか。もしくは言えているのだろうか。
確かめることはできないが、そのようなことが起こっているとは容易に考えられない。なぜなら、Helloの後につづく何かを、今の中学生たちが持っていないからだ。

ボクは英語があんまりしゃべれないけど、一緒に遊ぼうよ。この遊びの名前は何ていうの? これは何ていうの? そうなんだ。ありがとう。知らなかったよ。
そういう言い方を覚えていて、コミュニケーションをする勇気を持っていればそれで大丈夫。否、勇気とオープンマインドされあれば、なんとかなるのだ。

最近、テレビでは、いくつかの番組で、電気のコンセントは、英語ではoutletというと取り上げている。だが、そんなことを憶える必要はまったくない。おぼえるべきは、日本語のカタカナ英語と英語の本来の意味は違っている。そういうことだ。たとえば、日本語のイージーは安易な、というニュアンスがあるが、英語のイージーにはそういうニュアンスはない。イージーは、イーズという気楽なという意味を含んでいるから、肯定的な意味が強い。
逆に、ナイーブというのは、日本語ではいい意味での感受性の深さを言うが、英語の場合は心配性とでもいう否定的な意味が強い。そういうところから学ぶべきは、単語一発主義のコミュニケーションが間違っていることだ。

航空管制などでは、それがあたりまえのことになっていて、何か疑問を感じたら、別の言い方でもう一度聞きなおして、確認するということを行っている。
こんな例はあるはずもないが、相手が「Are you レディ?」と聞いてきた。すると、「Do you think I am a women?」と聞きなおす。すると、相手は、「Are you already stand bied?」と言い直す。そういう感じだろう。

私の周りでも、こんなことがあった。Orkutで知り合ったオランダ人女性を我が家に招いたことがある。私が、娘はカメラマンになりたいと言っているというと、彼女はびっくりした。何故かというと、英語のカメラマンとは映画を撮影する人のことを言うそうだ。写真家のことはphotographerというそうだ。勿論、娘はスチールを撮影するカメラマンになりたいと言っていたので、その場で訂正したし、その話題から、ビットリオ・ストラーロやスベン・ニクビストなどという尊敬する撮影監督の話題もできた。

コミュニケーションの実体とはそういうものである。英語教師は英単語や英文法や英会話を教えるのが職業かもしれないが、そういうコミュニケーションの実際をイメージできていなければ何の意味もない。
そんなことより、もっとも私が恐れるのは、自分の部屋のすべてを正確に英語で言うことができなければ英語をしゃべる資格はないなどと思い込んでしまって、英語をしゃべる人たちを前にして、こどもたちが口をつぐんでしまうことだ。
英語教師がそういう現象のために一役かっていないだろうか。
私には、一役かってはいないにしても、一番の防止策を講じられる立場の人である教員たちが、自らの利害のために無関心でいると思えてならない。



考えてみよう。
英語をしゃべれない日本人たちが、道端を歩いている英語をしゃべる人たちに直接英語を聞き始めたら、ノバやイオスも必要なくなる…。
自らのボキャブラリーを誇っているような教員は、受験対策指導員であって、人生の師ではない。わたしはそう確信する。

posted by sponta at 06:39| Comment(0) | TrackBack(759) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

深読み教科書論

いま、私は小学校・中学校の教科書教材のナレーション録音の仕事をしている。その仕事の中で、教科書の有様を眺めている。すると、世の中のどういう風潮が教科書に繁栄されているかが如実にわかって面白い。

たとえば、ある英語の教科書の場合はこうだ。
最初は、Helloとか、How do you do.とかの挨拶で始まる。おじさんの私としては、ドリフターズの荒井注のThis is a pen.が懐かしい。そういえば、娘が保育園ぐらいのときだろうか。娘とイギリス人兄妹が公園で遊んでいたら、中学生が、This is a pen.と声をかけて走り去ったのを憶えている。この教科書は、荒井注のギャグに対抗して、挨拶を最初に持ってきたのではあるまいが、苦笑するばかりである。

深読みをするならば、This is a pen.などという存在論よりも、コミュニケーションのほうが重要である。ということなのだろうか。勿論、日本国内でも国際化と無縁でない時代、存在論などといっている場合ではない。とりあえず、コミュニケーションをすべき。それは分かる。地域社会で言葉の問題で互いの心がぎくしゃくするよりも、とりあえずの挨拶で、コミュニケーションの糸口をつくることは重要だろう。
だが、そういう地域コミュニケーションではなく、真の国際人としてこどもたちが成熟していくためには何が必要か、と考えてみると、我々日本人は何物なのか。何を信条として生きているのか。そのことが重要になってくると思う。日本人としていかに生きるべきか。そのことは、教科書に乗っていないし、他国のように、宗教に求めることもなかなかできない。唯一、自分の国の偉人の生き方を通じて、日本人としての美しい生き方を学ぶことができるのだが、それも近隣各国から強いられている被虐史観によって、なかなか難しいのが現状ではないだろうか。

もうひとつ、英語の教科書には、モンゴルの話題や韓国の話題、中国の話題もでている。これなども、英語を学ぶことが、アメリカニズムをすすめることではなく、インターナショナリズムをすすめることだという明確な意思表示だと思う。私としては、そこまで目くじらを立てる必要もないとは思うのだが…。

そして、一番困ったものだと思うことは、会話重視で教科書が構成されているため、単元ごとの教習項目が分かりにくいこと。
昔であれば、単元1は不定冠詞と定冠詞、単元2はThis is ...That is ...単元3はThere are...と分かりやすかったが、そういう教習項目が教科書の表面上でてこない。とはいえ、学習塾や参考書などでは、特定の教科書に準拠するわけにもいかぬから、旧来の教え方にせざるをえない。すると、旧来の単元的な教え方になる。そして、その方が、こどもたちにとっても頭の中の整理がつきやすい。結果、学校だけで勉強をするこどもたちとの学力の差は開いていくばかりである。

はたしてそれでいいのか。
生徒は勿論、教員にとっても、解釈を必要とする教科書でいいのだろうか。私には、教科書業界が袋小路に陥っていると感じてならない。

posted by sponta at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。