2006年06月27日

06_23〔市民記者は客観的になれない〕


 さて、市民記者にとって、ジャーナリストが持つべき矜持である中立性・客観性はどうなるのか。
 私は自分のふるまいに対して、誠実で内省的であれば、それでよいと思っている。市民記者の記事そのものがインテグレートされたものである必要はないと思う。市民記者の書く記事は、その個の持つバイアスを元に提出される。それをインテグレートするのは読み手であったり、それを編集・掲載する側だと思う。
 市民参加型ジャーナリズムの記事に質を求めるという議論があるが、質の中身について定義をせぬままに論をすすめるのは、私は浅薄だと思う。私が市民記者の記事に求めるのは、旬の記事、鮮度の高い記事である。それは、対象との時間的な距離、心理的な距離の両方においてだ。
 もし、批判の尻馬に乗って、市民記者たちが平行取材や資料集めなどを始めてしまったら、記事としての新鮮さは失われてしまうのは勿論、市民記者が市民であることやめ、出来の悪いジャーナリストになるだけ。それこそ、その記事の質が問われてしまう。
 市民記者が紡ぐべきは、ローデータとしての輝きのある記事である。市民が市民のまま記事を書くことが、市民参加型ジャーナリズムであって、市民がジャーナリストになることではない。

 市民は、自らに謙虚に、自分に起きたことを正直に誠実に語ればそれでいい。情報を発信する市民は、嘘を書かないということさえ守れれば主観的であっても許される。ただし、自らの主観の存在を明示したうえでのことだ。
 中立や客観はメディアがめざせばいいことで、市民記者にはその必要はない。
 市民記者の書く記事は、落語・目黒のさんまのようであってはならないのだ。

posted by sponta at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。