2006年01月31日

マスコミの論理

マスコミというか、テレビ報道のセンセーショナリズムの理由がわからない。

スイスの銀行やタックスヘブンの国を使うのが違法なのだろうか。鈴木亜久里がF-1に参戦できたのも、モナコに豪邸があり、かの国のタックスヘブンを活用しているからというようなことを、片山右京氏が「うちくる」で語っていた気がする。
これらは、もてるものの知恵であって、批判に値しないのではないか…。

もうひとつ思うのは、企業にとって、黒字は株価を維持するためには重要だが、あまり黒字を出してしまうと、税金が増える。だから、利益分は事業に投資する。だから、税制を考えれば、企業はいつもひいひいかつかつの経営状態でなければならぬ。それを実践していたのが、堤義明氏の西武グループだったと認識している。

私が昔勤務していた従業員数が20名に満たない会社では、年度末に社員旅行をしていた。それは勿論、社員への福利厚生の意味も兼ねていたが、黒字で税金をがっぽり取られないための、経営者のささやかな抵抗でもあった。

世の中のしくみを理解している人なら、当然わかっているだろうし、マネーのプロなら実生活で堂々とやっていることを、社会悪として糾弾する。私はその意図が分からないし、そういう状態を強いられている出演者たちの辛さを思ってやまない。

posted by sponta at 05:43| Comment(0) | TrackBack(996) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月のスポンタ・マキシム

悲観主義は感情のものであり、楽観主義は意志のものである。(フランスの哲学者アランの言葉)

心にこの言葉がある限り、未来は明るい。ことしもがんばっていきまっしょい。


posted by sponta at 04:06| Comment(0) | TrackBack(1056) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

他メディアの代替物となったブログたち

ブログは市民が自らの日常を語ったり、意見をインターネット上に載せることで、それまで社会に無視されてきた思いに検索性を持たせることだと思ってきた。

だが、そういう流れの一方で、企業のブログの商用利用の動きも大きくなっている。企業が自社製品の愛好家たちのコミュニティーを醸成し、その盛り上がり利用することで、広報宣伝費を節約しようとしている。
この流れに市民参加型ジャーナリズムも無縁ではないようで、ウィークリーマンションで広告費を湯水のように使うツカサが、市民参加型ジャーナリズムをはじめている。
そう考えてくると、ブログとひとくくりでまとめてしまうことは、もうやめるべきときが来ているのではないだろうか。



その意味では、大人気の「真鍋かおりのここだけの話」ブログは、初期の思いはともかくも(否、はじめからニフティーの営業戦略のたまものであったか…)、いまでは単なる芸能人の営業のためのブログでしかないだろう。
勿論、古田敦也氏は、プロ野球選手が人気商売とはいえ、それで収入がきまっいく訳ではないから、個人ブログの範疇にはいるのかもしれない。たとえ企業が彼に働きかけたとしても、彼にとっては、プロ野球をささえてくれているファンたちへの感謝のつもりなのだから、営業ブログと断じてしまうのはかわいそう。
なかなか明確な線引きができないのは事実だ。



商人(あきんど)おかまという言葉がある。これはストレートなのに、バーでオカマを演じることで、水商売を成立させている人たちのこと。もちろん、バイかもしれないし、そのあたりは微妙な範疇かもしれぬ。まぁ、乙葉と結婚した藤井隆を思っていただければいいだろう。
私は、そういう人たちを批判したくはないけれど、そういう人たちを本職のおかまが見たらどう思うのだろうか。と、考えるのだ。
彼ら(彼女らと言われることを望むかもしれぬ)は、自分たちの居所を他に見つけられずにオカマバーで働いている。そういう切実な思いに商人おかまたちは、誠実といえるのだろうか。
そういえば、レイザーラモンHGは、あの芸をはじめるにあたり、ハードゲイ界の関西の重鎮に挨拶にいったという。そして、快諾を得、そのときに衣装についても、アドバイスを受けたいう。…なんとも誠実な男である。



もちろん、ブログが隆盛することに越したことはない。だが、そのメインストリームが、別のメディアの補完物としてのみ機能するのだとするならば、なさけない。
私は、最近、そういうことを思っている。

無名な個人ブロガーの嫉妬なのだろうか…。

posted by sponta at 07:21| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。