2005年04月29日

私のパブリックジャーナリスト宣言

未曾有の鉄道事件が起きて、その現場をPJが取材する。市民が報道するという画期的なできごと。市民に報道する権利があるのかという議論があるが、報道各社にしても、それぞれが勝手にプレスパスを作って現場に入っていくだけ。
違いは、個人か組織かの問題でしかない。

同時期にもうひとつの記事が出てきた。それは裁判の原告のPJが書いた記事である。記事の内容は申し分ないが、原告という中立ならざる立場の人間が記事を書き、PJニュースとして掲載されていることは、この新しいメディアを考えるとき、ひとつの転換点になるとも考えられる。

私は、ライブドアという時代の推進力が生み出した、PJニュースというメディアの影響力に期待して、毎日記事を書いていた時期がある。そして今、記事をかくことをためらっている自分がいる。
その理由は、わたしにとって、ジャーナリストであることよりも、市民であることが重要だからだ。

ひとりの市民として、同じ社会を構成する人たちの悲劇に遭遇したとき、何をすればいいのか…。それは人それぞれ。多くのことを知りたい人がいる。悲しみを共有してあげたい人もいる。ただただ祈りをささげる人もいる。
そのなかで、PJライターの報道したいという気持ちも理解できる。
一方、ひとりの個人として、裁判を起こさざるをえなかった個人の思いを公にする。そうした素直な個人の思いも尊重したい。

ただひとつ、私が願いたいのは、ジャーナリストの名のもとに、個人が市民であることをやめてしまうこと。
市民であり、ジャーナリストであるは、それほど難しいことだとは思えない。

posted by sponta at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

未曾有の大事故に遭遇した市民がすべきこと。

私は未曾有の災害や事故がおきたときに、市民がすべきことは、自分ができる範囲で被災者の救済に協力すること。そして、それができない場合は、鎮魂の祈りをささげることだと思っている。

そして、問題がおきたときに、その責任追及に関しては関係機関やジャーナリズムに任せたいというのが、私の正直な願望である。

何かことが起きたときに、ことの原因を追究する過程で、責任をとるべき誰かが浮上してしまうのは仕方のないことかもしれない。しかし、その誰かにしても、自分の人生が自分の意思だけで突き進むことができたはずはないわけで、彼の意識にのみ責任をとらせるというのは科学的ではないだろう。勿論、死刑という彼の存在にまで責任をとらせるやり方もあるが、どちらにしても、何がしかに代表責任をとらせること以外の何者でもないと考える。
そのようなことに思いをいたすと、市民は沈黙にならざるをえないし、ただただ合掌し、悲しみを共有するしかないのだと思えてならない。



斉藤茂吉は、母の死に向かう自分の姿を短歌に記していったという。
事実は知らぬが、もしほんとうに彼がそのように故郷に向かう列車の中で詩作をしていたら…。
彼の中の母に対する悲しみは客観視されたもうひとつの自分に描かれていたことになる。そのような詩人という職業人でもあった茂吉のことを、私は切なさと悲しさをもってみる。その切なさが、茂吉の連作の名声につながっている。

切なさと悲しさを共有することでしか、同時代人でいられる精神的よりどころはないのかもしれない。

posted by sponta at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

客観と中立を守るなんて…。

裁判の原告が、判決日を前に、PJニュースに記事を書いた。

記事は抑制された表現で書かれていて、客観的な記述にあふれ、知性を感じさせるものだが、原告の書いた文章であることに間違いはない。

私は、記事を書いた人間が自分のことを明らかにして書いているため誠実さを感じるし、それでいいと思う。

しかし、客観・中立を標榜して立ち上げたパブリックジャーナリズムとして、ノーエクスキュースでいいのだろうか。

後注:かなり経ってから、PJ主宰者から、客観中立ではなく、独立であるとの指摘を受けた。今考えてみると、彼の当該女史への加担は独立的態度ではないと思える。客観であれ、中立であれ、独立であれ、そのどれもが達成されていない。否、メディアがコンテンツをつくりはじめたときに、すべては瓦解するのだ。....2006.01.21


客観や中立を押し立てるならば、被告の側にも記事を依頼すべきだろうし、ニュースセンター本体が傍証をすべき案件だったと思えてならない。

私は理論派ではないし、そういうなし崩し的なムーブメントがきわめて市民的な動きだから、納得する。

とはいえ、そろそろPJが新たな指針を提出すぺき時期に来ていると思う。

posted by sponta at 17:47| Comment(0) | TrackBack(1) | PJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。